2012年11月04日

原発は良くもあり悪くもある



良い物と悪い物とに分けたがるというのが人間の性質かも知れない。良い事は良いこととして認め、悪い事は悪い事と認めれば分かりやすい。これが最も分かりやすいのだろう。しかしながら、世の中はそうではない。

たいていの事は良くもあり悪くもある。良い面ばかりを持つものなどない。

原発はないほうが良いと言い切れるだろうか。科学技術については科学者に任せなければ分からない。経済的な影響については経済学者に任せなければ分からない。政治的な事もあるだろう。色々ありすぎて分からないのだが、悪いだけではない。これまで多くの人達がお世話になってきた原発なのだから。

もっと現実的になろう。

将来的には原発は廃止するべきだろうと、個人的に私は思う。リスクが大きすぎるからだ。

原発に代わるエネルギーを開発するべきだろう。太陽光でも良いし地熱発電でも良い。何でも良いから、原発を使わないで良いエネルギーを開発するべきだろう。これは、将来的な目標。それほど先ではないかも知れないが、恐らく原発に取って代わるだけのエネルギーとなると、言ってすぐに来年から導入できるものではない。

その間、暖房もクーラーも電力に頼らず生きていける人が増えれば良いが、そう言うわけにはいかないだろう。今から生活水準を下げるのは難しい。電気代が2倍になるというのも苦しいことだろう。

そうなれば、やはりしばらくの「つなぎ」として原発を使わざるを得ないだろう。恐らく、現実的にはそうするべきだと思うのだが、どうだろうか?
posted by ソウジロウ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。